胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けと漢方 黄連湯

黄連湯

黄連湯(おうれんとう)も胸焼け対策として用いられる漢方の1つです。黄連湯は主に胃周辺の働きを活性化してくれる働きがあります。これによって胸焼けをはじめ、吐き気や嘔吐・胃もたれ・消化不良などにも効果があるといわれている漢方の1つです。そのため二日酔いなどにも効果があり、二日酔いによる胸焼けを抑えてくれます。また炎症に効果のある生薬も配合されています。

黄連湯は体力がやや充実している時でないと使いにくく、虚弱体質の方や弱っている方にはあまり向いていません。持病を抱えていて他の薬を併用している場合には、主治医との相談が必要です。使用している薬によっては相性が良くない場合もあるためで、身体に悪影響を及ぼしかねないからです。

漢方薬は基本的に副作用の起こりにくいものですが、それでも副作用が起こってしまうケースはあります。黄連湯も他の漢方薬と同じく、軽い吐き気・胃の不快感・食欲不振などといったような副作用が起こる可能性もあります。同様に重い副作用では、血圧上昇・倦怠感・手足の痛み(もしくはしびれ)・低カリウム血症・力が入りにくくなる、などといった症状が出る可能性もあるので、これらが起こってしまう場合は早急に医師へと相談してください。

黄連湯は吐き気に効果があり、二日酔いなどといった症状に対して特によく用いられる漢方薬です。体力に若干の不安がある時は使い辛い性質を持っているので、使用の際は注意しましょう。

胸焼けと漢方


ランタス 添付文書
ランタスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!