胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けの原因2 横隔膜の低下

横隔膜の低下

横隔膜の低下は胸焼けと関係があることが多いと言われています。なぜならば横隔膜の筋力が落ちることによって、胃の上部が胸の方へずれる可能性があるためです。胃の上部がずれることによって胸焼けを感じる確率も高くなるのです。

横隔膜は筋肉の一種で、呼吸の際に必要となる部位です。筋肉ですので使わないと弱っていきますが、生きている限り呼吸しないことはありえないので、使わないから筋力低下しているというわけではありません。しかしながら、加齢などを始めとした様々な要因がありますので、横隔膜の筋力低下は現実に起こりえるのです。

横隔膜を良く使用する呼吸法を横隔膜呼吸といい、これは腹式呼吸に通じるものです。ボイストレーニングなどで腹式呼吸を行うというのをご存知の方は多いのではないでしょうか。そういったトレーニング方法を続けている方の横隔膜というのは通常よりも強く、筋力低下はあまり見られません。逆に横隔膜の筋力が低下している方というのは、腹式呼吸をしにくくなっており、やはり横隔膜をあまり使用していないというケースが多く見受けられます。

腹式呼吸というのは、要はお腹で息を吸って口から吐き出すという呼吸法です。言うだけならば簡単そうですが、実際はトレーニングなどをしなければ難しいことが多いです(人によっては自然と出来る方もいますが)。横隔膜の筋力低下が気になるのならば、ボイストレーニングなどといった方法で腹式呼吸を実践し、横隔膜を鍛えてみるのも良いでしょう。

胸焼けの原因2


http://www.kaytmk.org/
無料体験できるおすすめのオンライン英会話

http://www.pethoteltokyo.com/
ペットホテルを東京で

ナースシューズ
ナースシューズならユニフォームのオンラインショップ e-UNIFORMで!