胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けの原因2 加齢

加齢

歳をとるにつれて、やはり日常において胸焼けを起こしやすくなります。これは加齢によって食道と胃の境目にある噴門という組織が閉塞してしまうためです。これによって胃液が食道に逆流しないようになってしまうのです。こういった胃の機能低下は加齢によって現れてくるものですので、誰にでもいつかは起こりうるのです。

歳は誰でも取るものです。それならば、加齢によって胸焼けが起こるのは諦めなければならないのかと問われると、一概にそうとは言えません。要は胃が機能低下するため、それまでのように食べ過ぎたり飲み過ぎたりは出来なくなったということで、胃の機能に合わせた食生活をすれば、胸焼けは回避できるということです。少ない量で高い栄養を得られ、なおかつ消化の良い食べ物であれば理想的でしょう。肉類では鶏肉、野菜では大根などが代表的です。豆腐も食欲が低下している時でも食べやすく、なおかつ消化もしやすいです。

加齢による胸焼けは胃が機能低下しているため起こるものですので、胃に大きな負担をかけるアルコール・香辛料の過剰摂取は控えるべきです。とはいえ、どちらも少量なら食欲促進効果があるため、適切な量を摂取するなら問題はなく、むしろ良い効果をもたらしてくれるでしょう。

加齢によって、胃は徐々に機能低下していきます。誰でも歳を重ねるものですが、だからこそ加齢によって起こる胸焼けについて良く知り、これらを回避する術を学ぶようにしましょう。

胸焼けの原因2


事務服 ジャケット
事務服のジャケットなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

タキソテール 副作用
タキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!