胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けの原因2 肥満

肥満

肥満体質の場合は胸焼けになりやすいと言われています。なぜなら肥満の場合は通常よりも腹部の脂肪分が多くなります。そのことから胃への圧迫が強くなっており、胃酸が逆流しやすい体質とも言えるでしょう。肥満と胸焼けは実は関係が深いのです。 肥満の状態だと常に胃へと負担をかけていることになるため、胃は日々生活しているだけでも疲弊していくのです。

もちろん、肥満のもたらす害は胸焼けだけではありません。様々な成人病はほとんどが肥満と関係がありますし、肥満の場合は体重が増えることで関節にかける負荷も大きくなってしまいます。肥満は身体の内外へと恒常的に負担をかけ続けている状態なのです。肥満を解消しない限り、身体に対する悪影響が止まることはありません。出来るだけ早期に解消してしまわないと、様々な悪影響が身体に残ってしまう可能性もあります。

肥満は暴飲暴食・ストレスなどの要素でも陥る可能性があります。暴飲暴食・ストレスは胸焼けとも関係性が深く、肥満とは切っても切り離せないといえます。基本的に肥満というのは食べ過ぎ・飲み過ぎで起こるものです。起こってしまった肥満は、ダイエットしない限りは解消できないでしょう。

ダイエットはもちろん辛いでしょうが、肥満がもたらす悪影響を考えると、やはり肥満を解消するためにはしなければならないことだと断言できます。肥満状態は身体の内外に対し、百害あって一利なし、ということを覚えておきましょう。

胸焼けの原因2


白衣 スクラブ
白衣のスクラブなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ディレグラ 添付文書
ディレグラの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!