胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けの原因2 飲み過ぎ食べ過ぎ

飲み過ぎ食べ過ぎ

飲み過ぎ食べ過ぎは、もちろん胸焼けを引き起こす原因になります。なぜなら食べ過ぎるとその分、胃酸も多く出てくるからです。また深夜の時間帯に食べ過ぎることは一番良くないパターンです。寝ている間は消化機能も低下してしまいますので、朝方に胸焼けを起こしやすくなるでしょう。しかも夜食は肥満の原因にもなりえますので、出来ることなら避けるべきです。

しかしながら、夜中にどうしても寝付けずお腹が減ってしまい、無理に寝ようとしても目が覚めることはあるでしょう。その場合は、少しなら夜食を摂ったほうが寝付きも良くなることがあります。とはいえ、当然ながら消化の悪い食べ物は禁物です。オススメなのはおにぎりや、ココアです。これらは消化しやすいものですので、夜食による害も少ないほうです。とはいえ、我慢できるのなら夜食は控えるべきというのは確かです。

飲み過ぎ食べ過ぎは特に飲み会などで多く見受けられます。その場のノリに合わせてしまい、飲んだり食べたりしなければならない雰囲気に流されてしまうことは多いでしょう。しかしそこはグッとこらえて、我慢するようにしたほうが良いです。自身の許容量の限界を超えた飲食は、自身に悪影響しかもたらしません。あくる日の胸焼けを回避するためには、その場での我慢が大切なのです。

飲み過ぎたり食べ過ぎたりしてしまうことは、誰にでもあるかもしれません。しかし自身の身体を思いやるなら、そこは固い意志を持って踏みとどまりましょう。

胸焼けの原因2


マイスリー 添付文書
マイスリーの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!