胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けの原因2 アルコールやコーヒー、香辛料

アルコールやコーヒー、香辛料

アルコールやコーヒー、香辛料の摂り過ぎは胸焼けを引き起こす原因の1つとなるでしょう。なぜならばこれらの食品は胃を刺激して、胃酸をたくさん分泌する働きがあるからです。胃が刺激されることで、胃周辺に違和感を覚えるのです。

アルコール・コーヒー・香辛料などの摂り過ぎで胸焼けは起こりますが、胃の弱い方ですと発症率は更に高まります。カフェインが体質的に合わない方も同様で、カフェインの多く含まれたコーヒーなどを飲むと、胸焼けがするようになります。特に缶コーヒーなどは胃に厳しいため、胃の弱い方は避けるほうが賢明でしょう。どうしてもコーヒーを飲みたいという方は、粉タイプのコーヒーを薄めに作って飲むほうが良いです。

アルコールの摂り過ぎは飲み会においてよく見受けられます。飲まなければ空気が読めないと思われるような悪しき風潮が拍車をかけ、無理をして飲みすぎてしまうことが多いようです。アルコールの摂り過ぎは胸焼けのみならず、アルコール依存症の発症にも繋がりますので、出来るだけ避けた方が良いです。香辛料を大量に使用した食事を摂取するのも、成人病に繋がるため控えたほうが賢明です。

胃が非常に頑丈であるという方ならば、アルコール・コーヒー・強い香辛料などをたくさん摂取しても胸焼けが起こらないということもあるでしょうが、そういった方は稀ですし、さすがに限界もあるはずです。どれほど胃の丈夫さに自信があったとしても、過剰摂取はやはり控えるべきでしょう。

胸焼けの原因2


事務服 ブラウス
事務服のブラウスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ウェディングドレスのレンタルを格安で
http://www.ozoz.co.jp/