胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けの治療 寝る姿勢

寝る姿勢

睡眠時に消化が低下することによって、胸焼けが起こることも多いでしょう。寝る前の食事はできるだけ避けたほうが賢明です。また寝る際に胸の中央部から上を高くして寝ると、より効果的でしょう。逆に胸の中央部から下を高くして寝てしまうと、胃酸がやや逆流してしまいがちになり、消化が悪くなります。またうつぶせで寝ることもやめましょう。胃の収まりが悪くなって胸焼けを起こすということもありますが、腰痛の原因にもなるためです。

寝るときの姿勢というのは、あまり気にしない方も多いかもしれません。しかし正しくない姿勢で寝ていると、胸焼けだけでなく腰痛・背部痛・肩のコリを起こす可能性もあります。一番寝やすい、いわゆるリラックスできる方法で寝るのが一番なのは確かですが、その寝方が胸焼けなど諸症状に繋がるのでは本末転倒です。

また食後すぐ横になるという行為は、「食べてすぐ横になると牛になる」という言い伝えもあるほどで、いけないことだと思われがちです。しかし実際のところはそうでもありません。「食べてすぐ横になると牛になる」というのは、いわば行儀を子供に説く時に使うものでしたが、近年において「身体の右側を下にして寝る」場合はむしろ消化が良くなるということが判っているのです。食後は出来るだけ身体を落ち着かせるのも大事なので、有効なのです。

しかし食後すぐ横になって胸焼けがするという場合は、もしかしたら食道裂孔ヘルニアを発症しているかもしれませんので、早々に医者へ診断を受けに行くようにしましょう。

胸焼けの治療


http://www.biz-meeting.jp/
http://www.biz-meeting.jp/

ピアノ販売を札幌
http://www.piano-inoue.com/

ディレグラ 副作用
ディレグラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!