胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けの治療 制酸剤

制酸剤

胸焼けの治療には、制酸剤もよく利用されます。制酸剤はおもな役割として胃酸を中和してくれる働きがあります。この制酸剤と胃酸分泌抑制剤を併用して投与されるケースが多いでしょう。比較的、胸焼けの治療に利用されている薬の一つです。主な制酸剤として、水酸化アルミニウム・マグネシウム合剤・酸化マグネシウム・炭酸水素ナトリウム(重曹のこと)・炭酸カルシウム・水酸化アルミニウムゲルなどといった種類があります。

制酸剤は胃酸分泌抑制剤に比べれば、副作用は少ないほうです。ただし胃の粘膜を保護する作用を持っていることから、場合によっては併用する薬剤の吸収を妨げてしまうこともあります。また牛乳などといったカルシウムを多く含む食品や、カルシウムのサプリメントなどといったものを同時に服用した場合は「ミルクアルカリ症候群」を引き起こしてしまう場合もあります。「ミルクアルカリ症候群」は別名を「高カルシウム血症」ともいい、頭痛や食欲不振・吐き気などの症状を伴います。

またあまり無いことだとは思いますが、制酸剤を服用する際はサイダーやコーラなどの炭酸飲料で飲むのは止めておきましょう。制酸剤の中和作用が炭酸を中和するのに使われてしまうため、胃酸に及ぼす効果が薄れてしまうのです。

制酸剤を使用する際は、同時に服用する薬品・サプリメントや、もしくは食品に気をつけるようにしましょう。制酸剤そのものは副作用が少ないですが、併用する薬剤などによっては有害となりえます。

胸焼けの治療


不動産売却 長野市
不動産売却を長野市でお考えなら不動産売買専門店のアットユーライフへ