胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けの治療 胃酸分泌抑制剤

胃酸分泌抑制剤

胸焼けの治療としてよく利用されるものに胃酸分泌抑制剤があります。簡単に言ってしまうと、これは胃酸の分泌を抑える薬です。有名なものにプロトンポンプ阻害剤やH2ブロッカーなどが挙げられます。このプロトンポンプ阻害剤は、もっとも強力な胃酸分泌抑制剤と言われています。基本的には胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの重い内臓疾患に対して用いられるもので、その強力さからアナフィラキシーや血小板減少などの副作用も起こしやすいです。副作用に視力障害などの報告もあるため、使用の決断は医師の綿密な診断の上で下されるでしょう。

胃酸分泌抑制剤は胸焼けの治療と同時に、胃もたれの治療にもよく用いられます。胸焼けも胃もたれも、胃酸が過剰に分泌される時に起こりやすいとされているので、これらを防ぐために胃酸分泌抑制剤を使用するというわけです。

食べ過ぎなどで起こることの多い胸焼けですが、そこで胃酸の分泌を抑制してしまうと食べ物が消化できないのではないか、と心配になるかもしれませんが、医師の適切な診断の上で処方されているのなら、その心配はありません。食事の際に胃酸というのは、胃酸分泌抑制剤を服用していても、キチンと確保されています。胃酸を完全に分泌させなくなるというわけではないので、ご安心ください。

胃酸分泌抑制剤は胸焼けに対し非常に有用ではありますが、必ず医師の診断の上で使用するようにしてください。人によって体質などの違いが出ますので、他者が処方されたものを服用するなどといった行為は大変危険です。

胸焼けの治療


コンプラビン 添付文書
コンプラビンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!