胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けと関係のある病気 食道炎

食道炎

食道炎も胸焼けと関わりの深い病気の1つと言えます。食道炎は進行すると、食道粘膜びらんや潰瘍によって、貧血や瘢痕狭窄なども引き起こす危険な病気の1つです。胃液、十二指腸液などの消化液の食道内逆流などが主な原因で、逆流性食道炎とも呼ばれます。

食道炎の症状としては、まず多くが胸焼け、他にみぞおち・上胸部に痛みが現れます。食道炎を起こしている患者が食後に横たわった場合、胃酸が逆流しやすくなってしまうでしょう。横になりながら食事をする場合も同様です。また前かがみの体勢になった時も、喉を通過して口中へと胃酸が逆流してしまうこともあります。胸部や喉に違和感・不快感を覚え、声がかすれてしまうでしょう。お腹が何となく膨らんでいるような感覚を覚えることもあります。嘔吐も症状として現れやすいです。

食道炎はアルコールの過剰摂取などによって起こりやすくなります。また心因性のストレスによって引き起こされることもあります。食道裂孔ヘルニアの合併症として起こることもあるため、注意が必要です(食道裂孔ヘルニアに関しては「横隔膜ヘルニア」のページで解説しております)。肥満や便秘、もしくはスポーツによって腹圧がかかる際にも食道炎は起こりやすくなります。女性ですと、妊婦の方が同様に腹圧がかかりやすくなっています。

食道炎はそれ単体での発症も辛い疾患ですが、そこから重症化していくと治療は更に困難になります。早期発見と早期治療が大事ですので、発症が疑われる場合は、早急に医師の診断を受けるようにしましょう。

胸焼けと関係のある病気


貸会議室・貸し会議室・大阪・大阪市
こちらで

アンカロン 添付文書
アンカロンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

省エネ 山形
こちらで

那須 ペットホテル
那須のペットホテルなら那須の本格的な英国カントリー風の宿【ラピステ】で!