胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けと関係のある病気 過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群も胸焼けと関わりのある病気の1つです。過敏性腸症候群は腸に目立った異常がないにもかかわらず、腹痛や便秘、下痢などを引き起こすのが特徴的な病気です。腸の運動障害や、もしくは分泌障害が原因とされています。

過敏性腸症候群は症状によって、不安定型・慢性下痢型・分泌型・ガス型の4種類に分類されます。基本的には排便などで症状は一時的にやわらぐのですが、時間をおいて再発してしまう厄介な性質を持っています。

不安定型は腹痛・お腹の違和感が現れ、下痢・便秘が日を置きながら交互に現れるという症状です。慢性下痢型に陥っている場合は些細なストレスでも下痢をしてしまうため、別名では神経性下痢とも呼ばれます。分泌型は激しい腹痛を伴い、排便時に尋常でない量の粘液が排泄されます。ガス型はストレス過多によって腹部にガスを溜めてしまい、これが重症化してしまうと、本人が意識せずとも、溜まったガスと臭気が外部へと漏れ出てしまうようになります。

これらの原因は、ストレスなどの精神的なもの・生活習慣の乱れのどちらか二種類に分類されます(場合によっては両方であることも)。ストレスが原因の場合は自律神経失調症を引き起こしている恐れがあるので、ストレスの原因を明らかにした後、その原因を除去するよう治療を受けます。生活習慣が原因の場合は、食べ過ぎ飲み過ぎは控え、タバコやアルコールを過剰に摂取している場合は控えるようにしましょう。

胸焼けと関係のある病気