胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けと関係のある病気 胃酸過多症

胃酸過多症

胃酸過多症は胸焼けと関わりのある危険な病気の1つでしょう。胃酸過多症というのは、胃酸が必要以上に分泌されることによって起こる病気です。空腹時など必要以上に胃酸が分泌されることによって異常がでてきます。またきつい口臭にもなります。酸っぱい胃酸が口中にまで逆流してくるほど分泌されるため、その不快感が引き金となって吐き気をもよおしてしまうこともあるでしょう。

胃酸過多症は胃潰瘍・十二指腸潰瘍といった消化性潰瘍が原因となって発症することがあります。他にもゾリンジャーエリンソン症候群・副甲状腺機能亢進症などといった疾患が原因になることも多く、合併症として発祥する危険性は非常に高いです。食後に胸焼けがして、口中に酸っぱい胃酸がこみ上げてきたら、胃酸過多症である疑いが強くなります。

胃酸過多症になってしまう原因は他の疾患の合併症だけでなく、食生活にもあるとされています。大量の香辛料を摂取していたり、大量のコーヒー・アルコール・炭酸飲料を恒常的に摂取していたりする場合だと、胃酸過多症は起こりやすくなります。胃酸過多症になってしまった場合は食生活を改めることで改善を、また胃酸過多症を予防するためには同様に食生活を見直しましょう。

他にもタバコによって胃酸過多症を促進させてしまう場合があります。また意外と思われるかもしれませんが、漬物なども胃酸過多症に拍車をかけてしまう恐れがあるため、胃酸過多症の予防・改善を望まれる方は注意するようにしましょう。

胸焼けと関係のある病気


http://www.shinwa-ticket.ne.jp/
クレジットカード 現金化

ペットホテルの送迎 杉並渋谷中野目黒大田区新宿品川港区
http://pethoteltokyo.com/sogei-page.html

ポスター印刷 激安
ポスター印刷を激安でならディプリーズ楽天市場店で!