胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けと関係のある病気 胃潰瘍

胃潰瘍

胃潰瘍は胸焼けと関わりのある危険な病気の1つでしょう。胃潰瘍はストレスが原因で起こることが多いと言われている病気です。胃液中の塩酸やペプシンによって、胃を保護している粘膜がはがされてしまうという恐い病気です。この胃潰瘍が重症化してしまうと、開いてしまった胃壁の穴が外部にまで繋がってしまうこともあります。

胃潰瘍は基本的に腹痛として症状が現れますが、場合によっては胸焼けも起こり、また背部痛・食欲不振・吐血・胃もたれ・体重減少などの症状も起こることがあります。これらの症状は十二指腸潰瘍とも酷似しており、両者をまとめて消化性潰瘍と呼ぶこともあります。つまり十二指腸潰瘍を発症した場合でも、症状として胸焼けが起こることはあるため、胸焼けイコール胃潰瘍と単純にはなりません。

胃潰瘍は様々な症状として現れますが、それに反して無症状である患者さんも多数見受けられ、定期健診などでたまたま発見されるというパターンもあります。気づいていようといまいと、放置していれば出血・穿孔などの合併症を起こしてしまい、この場合は早期に診断を受けないと重症化してしまうことがあります。無症状である場合は難しいかもしれませんが、例えば胸焼けなどを感じた場合、診断を受けに行くほうが良いかもしれません。

基本的には腹痛として現れる胃潰瘍ですが、時として胸焼けの症状を起こす場合もあります。身体が発する異常のサインを見逃さず、気づいたらすぐ診断を受けに行くようにしましょう。

胸焼けと関係のある病気


アンカロン 副作用
アンカロンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

酒田市 不動産
http://www.yamaichi4320.com/