胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けの原因1 暴飲暴食やストレス

暴飲暴食やストレス

暴飲暴食やストレスも胸焼けの原因の1つとされています。限界を超えた食事を摂取したあとに胸焼けを感じるのは、誰でも明らかでしょう。しかしそのような食事は明らかに身体に悪く、不自然であるのは目に見えています。少し量を減らすだけでもっとおいしく、食後も気持ちよくすごせるようになるのです。また暴飲暴食による胸焼けだけでなく、ストレスによる胸焼けや肥満などもあります。

暴飲暴食とストレスとの関係は根深いです。社会的要因などによって非常に強いストレスを感じると、暴飲暴食をしてストレス発散しようとする例は、様々な場面で見受けられます。しかし、当然ながらこれは胸焼けや肥満に繋がり、更なるストレスの原因ともなりえます。こういった悪循環に陥るために様々な疾患を発症し、心身共にすり減らしてしまう例が多くあるのです。

ストレスは胸焼け・肥満だけでなく、様々な身体的・精神的疾患との関係性が深いです。当然ながら様々な疾患の中には、症状として胸焼けを引き起こすものもありますので、胸焼けとの関連性も否定できません。ストレスを避けたり、上手く発散したりすることは、心身をいたわるために重要なことです。ストレスは溜めないよう気をつけましょう。

現代において、様々なストレスに悩まされる方は依然として増え続けています。これが暴飲暴食に繋がり、なおさらストレスを溜めてしまう原因となることもありますので、出来るだけ暴飲暴食は避けるようにしましょう。

胸焼けの原因1