胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けの原因1 胃炎

胃炎

胃炎の中でも慢性胃炎である場合の自覚症状として、食後の胸焼けをはじめとし、胃もたれや吐き気といった症状が挙げられる場合があります。人によっては何となく不快感を覚えたり、食欲がなかったりするなど、症状の現れ方は人によって違ってきます。空腹時や夜間に胃痛を感じることもある胃炎は、胸焼けと関わりが深いのです。

急性胃炎では胸焼けの他にも腹痛・吐き気などが突発的に起こるため、胸焼けよりも併発する症状のほうが気になるかもしれません。しかし慢性胃炎である場合は、症状の進行が非常に緩やかであるため、各種の症状が浮き彫りになりやすいです。その中でも胃痛を感じる方が特に多いですが、同時に胸焼けも感じるという方は多数いらっしゃいます。

胃炎の発症率は、特に胃液の分泌力を強くするような食事をすると高くなってきます。特にコーヒーや香辛料、また発泡酒などは胃液を分泌しやすくする傾向にあります。また慢性胃炎は発症していても自覚症状が人によって様々である上に、少し時間が経ったら落ち着くというケースが多いため、軽視されがちな傾向にあります。しかしながら診断を遅らせると治療が困難になってしまいますので、少しでも気になって心当たりもある場合は、病院へ診察を受けに行くべきでしょう。

慢性胃炎は特に胸焼けの症状を浮き彫りにしやすく、また放置しておくと胃潰瘍を引き起こしかねません。長期間も胸焼けが気になるという方は、一度診察を受けに行ったほうが良いでしょう。

胸焼けの原因1


伊豆のダイビングを日帰りで楽しもう
http://www.eastdive.com/course/tour/