胸焼け解消ガイド TOP → 胸焼けの原因1 胸焼けの原因

胸焼けの原因

胸焼けの原因としては、単純に食べ過ぎなどによって消化不良を起こすことで起きるものから、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、機能性胃腸症などの恐い病気から来ている場合があります。消化器系の病気によって胸焼けが発生している場合は、特に要注意です。こういった消化器系の病気は放置していると、更に重症化してしまいます。出来るだけ速やかに医者へかかるようにしましょう。

アルコールやコーヒー、もしくは香辛料などの摂り過ぎも、胸焼けの原因として関連性が深いです。これらの食品に含まれている成分は胃を刺激する働きがあり、胃酸を大量分泌して胸焼けを起こしてしまうのです。またカフェインなどの過剰摂取は、胸焼けだけでなく睡眠障害も引き起こしてしまう可能性があるので、注意が必要です。

ストレスなども、胸焼けの原因になりえます。ストレスが溜まった時は暴飲暴食をしてしまいがちですが、それもまた胸焼けに繋がる要因の一つなのです。しかも暴飲暴食は肥満に繋がり、肥満体質の方は腹部の脂肪分が多くなって胃を圧迫するため胃酸が逆流しやすく、胸焼けを起こしてしまいやすい体質なのです。また体質的な問題を挙げるなら、加齢によっても胸焼けは起こりやすくなります。

基本的に胸焼けというのは、胃に多大な負荷をかけてしまう時に起こりやすいとされています。つまり胃に負荷をかけるような行動(暴飲暴食など)は胸焼けに繋がるということですので、注意しましょう。

胸焼けの原因1


タキソテール 添付文書
タキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

skypeを活用してオンライン英会話を楽しむ
http://hk1492.com/